主婦が在宅で稼ぐ方法11選【資格なし未経験OK】

    【パート主婦の朝活】スケジュール公開・早起きで家事も仕事も効率爆上がり

    早起きのすすめ 早起きで家事も仕事も効率よくしよう

    「朝活」大ブームの昨今、私も波の乗ろうと朝4時起き始めました…と書きたいところですが、4時は無理でした。すみません。

    私の現時点での早起き時間は朝5時。

    起きてちょっとパソコンで作業をして、家族を起こして朝ご飯、仕事、帰宅後の家事、睡眠…というのが大まかなルーティーンです。

    朝5時に起きて一体何するの?眠くない?疲れるんじゃないの?1秒でも多く寝ていたい…なんて朝活前は思ってましたが、やってみると意外と楽しい!

    早起きすることで生活はガラッと変わりました。

    夜型だと思っていた自分が一番びっくりです。

    そんな私の朝活スケジュールを紹介します。

    クリックできるもくじ

    実録・とあるパート主婦の朝活タイムスケジュール

    私は平日は仕事、土日は休み。

    家族は私のほかに、夫、娘(中2)、息子(小5)、猫で暮らしていて朝活をしているのは私一人です。

    朝活をしたらこんなタイムスケジュールになりました。

    5時起床、お茶を飲みながら、パソコンで作業(ブログ・インスタなど)
    7時家族を起こして簡単に朝ご飯(パンを焼くなど最低限しかしない)、お弁当用意(すっごい手抜き)、身じたく
    8時半出勤
    16時帰宅、子どもとおやつ、洗濯物をたたむ、気が向いたら掃除機、予定がなければここでも少しパソコンをいじる(でも子どもがいて集中できず。笑)
    18時夫が帰る!やばいとあわてて夕飯を作り始める
    19時みんなで晩ごはん
    20時食器片付け、洗濯(ワーママ三種の神器ここで大活躍
    21時お風呂、手帳や日記を書く、パソコンをもうひと頑張り(ほぼ寝落ちしかけてる)
    22時半就寝

    私の仕事は早番・遅番のある職場なのですが、遅番でもやることがずれ込むくらいでほとんど変わらないですね…。

    土日は家族と出かけたり、家にひきこもっていたり。笑

    5時起き22時半就寝はなるべく崩さないようにしてます。

    子持ち主婦にはスケジュールがあるようでない。私が朝活を始めた理由

    私が朝活を始めたきっかけは「在宅ワークをする時間がほしかったから」です。

    子育てするようになってからは、朝から晩までバタバタと予想外の連続だらけ。

    うちの子はもうだいぶ大きくなったのですが、それでも熱が出て学校に迎えに行くこともあるし、放課後けがをして家に帰るなり病院直行なんてこともあります。

    さあやっとパソコンできるかなと思ったら

    「ママ―おやつ食べていい?」「宿題わかんない」「ゲームの順番私が先なのに弟がやってる!!」

    …なんというかにぎやかです(あわただしい)

    だからまともに子どもに付き合ってたら自分の時間って全然ないです、私を含め世のお母さん達って。

    子持ち主婦の多くは、自分のスケジュールではなく子どものスケジュールで動いているんです。

    でも私はどうしても、集中して在宅ワークがやりたかったのです。

    自分の時間が取れないなら、作るしかない

    私の場合は、子どもが寝ている夜にがっつり夜更かしをするか、朝早く起きて行動するかの2択でした。

    深夜2時くらいまで夜更かししてパソコンを触っていた時もありましたが、朝起きるのが辛すぎるし、仕事のときにうっかりミスが多いのなんのって…

    これじゃ本末転倒だ!ということで、私は家族が起きてこない朝5時に起きて朝活を始めることにしました。

    夜はわりと強い方でしたが、仕事にミスが出るのはあかん…!

    パート主婦が朝活で1日のスケジュールを決めると家事や仕事の効率アップにつながるというメリット

    子どものスケジュールではなく、自分のスケジュールを立てて生活するのは私にはとてもメリットがありました。

    夜型→朝型にシフトするとこんなメリットがあるよ

    • 夜にしっかりと睡眠をとれるので、朝は頭も体も疲れが取れている
    • 朝のひとり時間を自由に過ごせるので精神的に気楽になった
    • 朝は家事や仕事をストップされないので家事や在宅ワークの時間をしっかり確保できる
    • 朝は気持ちがリフレッシュ。やるのが面倒で腰が重いこともやる気になりやすい
    • 朝のうちに最低限の家事や仕事などを済ませられると、日中の自由時間が増え

    そのほかにも、思いがけないこんなイイコトもありました。

    朝活の思いがけないメリット
    • 朝のバタバタに対応できる余裕が生まれた (奇跡)
    • 肌がきれいになった(ニキビができにくくなった!)
    • 朝ゆっくりご飯を食べられるようになった(朝起きるのがギリギリで朝食抜きだったのでうれしい)

    こんなふうに早起きメリットはひとそれぞれあるのです。

    特に肌荒れがなくなって肌がきれいになったことはびっくりでした!!

    早起き以外は、スキンケアや食事や行動などを大きく変えていないので、夜更かしってお肌に良くないかも…って実感しました。

    慣れない早起きで最初は大変でしたが、私は頑張ってみてよかったと思います。

    次は私が早起きするためにしたことを紹介します。

    パート主婦が朝活するために心がけていること

    私が朝活するために意識してやっているのはこちらです。

    私が朝活するために気を付けていること
    • 遅くても23時就寝
    • 寝る30分前からパソコンやスマホを見ない
    • 起きたらまず部屋を最大限明るくする(目を覚ますため)
    • 朝の楽しみを作る
    • 時短を目指す生活(完璧を目指さない、夜できないことは朝に回す)
    • 絶対5時に起きるんだという自己暗示(それはまるで呪いのように)

    一番効果があったのは、起きたらすぐに部屋を最大限明るくすることです。

    とは言え、夫を寝室が同じなので私は起きてすぐ誰もいない1階に降りて、全ての電気をオン、カーテン全開!

    これで眠たくても体だけは朝を感じて起きてくれます。

    そして、大事にしているのは睡眠時間の確保です。

    遅くても23時就寝、5時起床なら最低6時間の睡眠時間が確保できます。

    睡眠時間は個人差があるので、自分に必要な睡眠時間で設定するのがいいと思います。

    しっかり眠るために寝具をこだわってみるのもおすすめ。

    私はベッドをシモンズに変えて睡眠の質がめっちゃ良くなりました。

    あと、多少寝過ぎたり早くても気にしないようにしてます。

    パソコン、スマホも本当は寝る1時間前くらいからやめたほうがいいのかもしれませんが、ブログ書きたいので今は30分にしてます。

    でもこれ、熟睡度が全然違うと思います!

    30分見ないだけでも翌朝の目覚めすっきり。

    そして、夜の家事が終わらなくても明日の自分にまかせることにしました。

    もう洗濯物干したくないとか、コップ1つすら洗いたくないほどぐったりしていることもあるので、そういうときは早めに寝ます

    そしてすっきりした頭で取りかかるほうが効率がいいとわかったので、安心して明日の自分に丸投げできます。

    あと、朝おいしいコーヒーを飲むんだ!とかお気に入りの食べ物を用意して朝の楽しみを作ると、エサにつられてのそのそ起きられます。笑

    大切なのは生活に時短を取り入れる意識です。

    時間のない平日は凝った料理を作らない、少なくても食洗機にかける、ノーアイロンで大丈夫な服を買うなど、時短につながるものはなるべく取り入れて、早く寝られるようにしました。

    朝活の本!読みやすかったですよ~

    習慣化にはこの本!三日坊主になりがちな私のバイブル

    自分のスケジュールで動けると生活が変わる

    私の場合、夜に比重をかけすぎていました

    朝は時間の余裕がないからバタバタ仕事に出ていって、夕方仕事から帰ったらすぐご飯を作って、お風呂に入って洗濯をしていました。

    家事は基本、夜にするという生活。

    ちょっと家族とゆっくりしたり、出かけるの楽しいし必要不可欠ですが、夜の家事が滞ってその結果寝るのが遅くなる

    寝るのが遅くなると翌朝睡眠不足でさらに二度寝したり、イライラして無限ループの始まりです。

    自分のスケジュールで動ける時間があると精神的余裕があるせいか、子どもに対してのイライラも減ったように思います。

    子どもが大きくなったからこその話になりますが、うちでは自分たちでできることはそれぞれやってもらっています。

    家事を分担したことも私が朝活がうまくいっている秘訣かなと思います。

    家事を分担してやってくれる子ども、夫いつもありがとう!

    こんなふうに頼むと伝わりやすいコツは生活統計学の記事から読めます。

    パート主婦の朝活はここがツライよ!

    朝活のメリットはさきほど紹介しましたが、やっぱりデメリットもあります。

    例えば…

    深夜帯のテレビをリアルタイムで見れない 

    夜の外出に制限

    まあテレビは録画でいいとして、外出するときには頑張って夜更かししようと!笑

    ほかのデメリットを考えてみたのですがあんまりなくて、むしろ私は朝活で得たメリットのほうが大きいです。

    くじけそうになる時もあるけれど、Twitterで私と同じようにリアルタイムで朝活をしている人のツイートを見ると、うれしくなって私も頑張ろう!と思えます。

    それでも今日はどうしても眠い…というときは朝活をあきらめて寝る日も月に何度かあります。

    そんなときでも自分を責めずに、また次頑張ればいいじゃんって思いながら続けて今に至ります。

    ゆる~くでもいいから継続することが大事!

    パート主婦が朝活して自分スケジュールで動くとHAPPY

    早起きをすることで、生活が良い方向へ変化した私の体験をまとめました。

    子どもに振り回されない自分スケジュールで動けるようになると家事効率が上がり、やりたかった在宅ワークの時間を持てるようになりました。

    早起き生活のまとめ
    • 早起きは慣れるまで大変だが、メリットは大きい
    • 朝は自分の時間を確保しやすいので家事、仕事の効率がアップする
    • デメリットもある。自分の時間をどのように使いたいかが大切

    私がやっている在宅ワークの記事はこちらから読めます⇩

    ちゃまの在宅ワーク記録へ飛ぶ。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    クリックできるもくじ