Webで働く・副業したい人におすすめ満足度98%の無料カウンセリング体験談

バレると危険!?パートでダブルワークするときの安全策

バレると危険なダブルワーク!パートでダブルワークするときの安全策

今働いているパートのほかにこっそり別のパートも掛け持ちしたいんだけど…

ダブルワーク禁止の会社でダブルワークしてるのがバレたらやばい?

ダブルワークしてるのがバレない方法はあるの?

こんな悩みを持つ人におすすめの記事です。

\この記事を読むとわかること/

  • パートのダブルワークをするときの安全策
  • パートのダブルワークがバレない方法
  • パートのダブルワークがバレる原因やバレたらどうなるか
筆者・ちゃまの紹介
  • 30代主婦
  • ダブルワークを3年以上、パート・アルバイトの経験は13年で10カ所以上の職場を経験
  • 夫、中学生1人、小学生1人、私の4人暮らし
  • 現在は扶養外パートで働いているが、在宅で働くのが夢

よかったら詳しいプロフィールもどうぞ♪

私の実体験が
誰かのお役に立てますように☆
クリックできるもくじ

パートのダブルワークはバレる?バレるとどうなる

パートのダブルワーク、バレる?

結論から言うと パートのダブルワークは絶対にバレないという保証はありません。

会社にバレない方法で計画的に行動すれば、バレる確率を下げることはできますが絶対ではないです。

結局、情報は人が絡んで管理しているので、何か間違いが起こる可能性はゼロではないからです。

政府により副業が進められる今、ダブルワーク自体を禁止する法律はなく法的な罰則はありません。

しかしダブルワークを禁止する会社でダブルワークしていることがバレてしまったとき、会社からなんらかの処分を受けることになるでしょう。

注意だけで済めばいいですが、勤務シフトの減少、出勤停止、最悪の場合は懲戒免職の場合もあります。

ダブルワーク禁止の会社でダブルワークをするのは会社に対する裏切り行為と思われてしまうかもしれません。

人間関係にひびが入ったり、居場所がなく会社に居づらくなってしまって自主退職してしまうことも考えられます。

パートで働く主婦がダブルワーク禁止の会社でこっそりダブルワークをするのはとてもリスクの高い働き方だと思います。

ダブルワークをしていることを隠して働いて、後からバレると心証が悪いです…

安全なのはダブルワークを認めている会社で働くこと

ダブルワークがバレるリスクを抱えて働くよりも、ダブルワークを認めている会社で働く安全な道を選びましょう。

2つの安全策
  • ダブルワークを認めている会社にはあらかじめダブルワークをすることを報告する
  • ダブルワークを禁止しているかわからない会社は就業規則や上司に確認を確認する

ダブルワークをしていることを会社に伝えることで好都合になる面を紹介します。

  • シフト調整
    ダブルワークをするなら会社は勤務時間数や給料を調整が必要になるので早めに報告しましょう。
    もちろん、お給料や勤務時間数の調節は自分でも把握しておくのがGOOD。

いくらまで働くのがいいかは働き方に迷うパート主婦の悩みをすっきり解決!損しない年収早見表を参考にしてくださいね。

  • 隠れて働く罪悪感がない
    嘘をつき続けるのは精神的につらいもの。
    後からダブルワークしていることを報告したくなっても時間が経つほど言いにくいので、隠さず早く楽になりましょう。

  • 周囲の協力を得られるかも
    次の仕事に間に合うようにと相談次第で時間調節をしてくれる会社もあります。
    困ったらとりあえず言ってみるのアリだと思います。

下手に隠して余計なストレスを抱えないためにもダブルワークは会社と働く側も両者の同意があるのが大切!

私も時間調節やシフトで上司や同僚に相談したことがありますが、とても助けられました。

自分は仕事で頑張って返していく!そんな助け合いができると素敵ですね

パートのダブルワークは会社の不利益になることが多い

会社がダブルワークを禁止しているのは理由があって、主に会社の不利益になることが多いからです。

具体的にどんなことが不利益になるは以下の内容が考えられます。

ダブルワークをすることで生まれる会社の不利益

  1. 情報漏洩
  2. 法定労働時間を超えた労働による法律違反と割増賃金
  3. 社会保険料負担の可能性
  4. 注意力・体力などの不安を抱える

①情報漏洩

どの職種でもそうですが、従業員内の情報を他社に流したり、共有することはタブーです。

特に同業種でダブルワークをすると、会社的に心配なのが情報漏洩。

よくあるパートではコンビニで、2社のコンビニで掛け持ちをすることはできないのは有名な話です(オーナーによってはOKな店もまれにあるようです)

② 法定労働時間を超えた労働による法律違反と割増賃金

例えばダブルワークでパートを掛け持ちする場合

1日のうちにA社で4時間労働、B社で5時間働くと合計9時間の労働になります。

しかし労働基準法で定めている法定労働時間の1日8時間(40時間/週)のルールを破ることになります。

それ以上働く場合は会社が労働基準監督署に36協定という届け出を出さないと労働者を働かせられず、法律違反になってしまいます。

もしも会社に黙ってダブルワークをして法定労働時間以上働いて、会社が知らぬ間に法律違反をしてしまったら?

また、法定労働時間を超えた分の時給は割増賃金になり、会社は当初より多くの給料を支払わなければならないことになります。

参考:36協定で定める時間外労働及び休日労働について留意すべき事項に関する指針

③社会保険料の負担の可能性

ダブルワークの年収を合算して130万円を超えると夫の扶養に入っている妻は社会保険から外れてしまいます。

もし条件が合い、会社の社会保険に加入することになれば会社は社会保険料を負担する可能性があります。

想定外の経費がかかるので不利益になるかもしれません。

④注意力・体力などの不安を抱える

会社からするとダブルワークで集中力が低下したり、疲労がたまる、長時間労働などの不安材料が出てきます。

働く側からしても以下の不安を抱えながら働いている人が多いのでは?と思います。

  • ミスが多くなるとダブルワークのせいになりそうで気が抜けない
  • ほかの仕事で働き口があるのが評価に影響しそう
  • 人手が余っていると専業よりもダブルワークのシフトを先に減らされるかも…

こんなふうに専業以上に気を遣う関係になりがち…

一般的にパート自体がダブルワークや副業の就業先になりやすいので、パートでダブルワークを禁止している会社は少ない印象です。

実際、私が今まで働いてきた多くの会社でもダブルワークを認められていました。

詳しくは主婦のダブルワークにおすすめの仕事7選と組み合わせのコツ・体験談ありで紹介しています。

しかし、パートであってもダブルワークが禁止されている会社は存在するので就業規則をしっかり確認しましょう。

パートのダブルワークが人にばれる原因は主に3つ

どんなときにパートのダブルワークがバレるのか、3つのパターンを紹介します。

①自らもしくは身内の口がすべる

自分や家族がダブルワークをうっかり人に話してしまい会社にバレるパターン。

どんなに用心しても決してないとは言い切れません。
気が抜けたときにぽろっと言っちゃうことってあるんです…!

案外どこで誰に何を聞かれているかわからないですし。

②目撃談

知り合いに見られてバレる可能性は大いにあります。

仕事内容にもよりますが、家の外で働く接客業は知り合いに目撃されやすいです。

工場やコールセンターなどの限られたスタッフの中で働くのなら比較的目撃されにくいです

コンビニやファミレスなど多くの人の出入りがある仕事と比較してバレる危険度が全然違います

③住民税の金額でバレる

住民税を会社から天引きされる特別徴収のパート主婦は要注意です!

住民税は前年1年間の収入で計算され、会社に各人の住民税がいくらなのか市町村から通知がきます。

ダブルワークの主婦は、同じ勤務形態で働く人と比べると収入が多いため住民税の金額が多くなり会社から怪しまれる可能性大。

※住民税がかからない人は心配いりません。

マイナンバー制度ではダブルワークはバレない

会社にマイナンバーの番号を提出しても、マイナンバー制度でダブルワークがバレることはありません。

マイナンバー制度導入に伴い、地方税関係手続に変更が生じるものではなく、マイナンバー制度の導入により副業を行っている事実が新たに判明するものではありません。

出典:内閣府 マイナンバー制度で副業が会社にばれてしまうというのは本当ですか。

内閣府も同様の回答をしていることから、少なくとも2021年現在ではマイナンバー制度によるダブルワークがバレる心配はありません。

パートのダブルワークがバレるのを回避する方法

パート ダブルワーク 確定申告

パートのダブルワークが完全にバレるのを回避する方法はありません。

え!もうすでに会社に内緒でダブルワークしてる人はどうすればいいの~!?

完全にバレない方法はないですが、バレる可能性を少なくすることはできるのでいくつか紹介していきます。

パートのダブルワークがバレるのを回避する方法
  1. 年収を100万円未満または90万台に調整する
  2. 住民税がかかる場合は普通徴収にする
  3. 在宅ワークをする

①年収を100万円未満または90万台に調整する

年収によって住民税がかかると会社のお給料から税金がひかれること(特別徴収)があります。

会社で住民税の税額がほかのパートの人よりも多ければ、その会社以外にも働き先があるのではと思われることでダブルワークの疑いがかかってしまうかもしれません。

しかし、住民税がかからなければ会社に税額の通達がされず、ダブルワークがバレるのを防ぐことができます。

つまりダブルワークの収入を合算しても住民税がかからない程度の年収であればダブルワークがバレにくいということ。

では一体いくらなら住民税がかからないかというと、おおよその基準は年収で100万円未満になります。

※市町村によっては住民税がかかる基準が90万円台のところもあるので、税金担当に確認しましょう。

住民税の目安については働き損になりたくないパート主婦必見!知って損なし収入の壁で詳しく解説しています。

①は比較的年収が少ない&ダブルワークがバレたくない主婦におすすめの方法です

②住民税がかかる人は普通徴収にする

①で対応できるの比較的年収が少ないダブルワーク主婦のパターンです。

住民税がかかる場合、住民税を納付書で自分で払うこと(普通徴収)でダブルワークがバレるのを回避することができます。

税金を支払う方法としては

・特別徴収→会社のお給料から住民税を天引きする納税方法

・普通徴収→市町村から送られる納付書で、自ら銀行などで支払う納税方法の2つがあります。

メインのパートは年末調整をしますが、サブのパートは年収20万円を超えると確定申告が必要になります。

確定申告書には住民税の支払方法を選ぶ欄があるので「住民税に関する事項」の項目を「自分で交付」に〇をつけて普通徴収にしましょう。

確定申告書の記入

確定申告についてはダブルワークのパート主婦必読!年末調整・確定申告のやり方まとめをご覧ください♪

※しかし年収130万を超えて働くと夫の社会保険の扶養から外れ、税金・社会保険料で手取りが大きく減る場合があります。

働き方に迷うパート主婦の悩みをすっきり解決!損しない年収早見表でいくらまで働くのが最適かをまとめたので確認してみてくださいね。

③在宅ワークをする

①、②の税金のメントは違った見方で、在宅の仕事なら基本的に他人に見られる機会が少ないのでバレる確率がぐんと下がります。

具体的にはハンドメイド、webデザイン、ライター、コールセンターなど家でできる仕事です。

特にインターネットがつながればできる仕事は、案外探せばたくさん見つけられることも…♪

まとめ・パートのダブルワークOKの会社ならバレるのを心配しないで済む

まとめ
  • パートのダブルワークはバレるのを回避する方法はあるが、絶対にバレないという保証はない
  • バレたら会社から注意や出勤停止、懲戒免職の可能性がありリスクが高い
  • 会社に内緒でダブルワークするよりもダブルワークOKの会社で働くべし

バレるかヒヤヒヤしながら過ごすより、最初からダブルワークOKの会社を選びましょう

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできるもくじ
閉じる