Webで働く・副業したい人におすすめ満足度98%の無料カウンセリング体験談

【主婦のダブルワーク体験談】掛け持ちパートの具体例とおすすめの組み合わせ

ダブルワークにおすすめの仕事7選

ダブルワークをしたい!けどどんな仕事を選べばいいの?

実際にその仕事で働いていた人の体験談を知りたいなぁ…

主婦がダブルワークを選ぶ・組み合わせるときのコツはある?

こんなお悩みを解決します。

\この記事を読むとわかること/

  • 主婦のダブルワークで仕事を選ぶ・組み合わせるコツ
  • 実際の主婦のダブルワーク体験談
筆者・ちゃまの紹介
  • 30代主婦
  • ダブルワークを3年以上、パート・アルバイトの経験は13年で10カ所以上の職場を経験
  • 夫、中学生1人、小学生1人、私の4人暮らし
  • 現在は扶養外パートで働いているが、在宅で働くのが夢

よかったら詳しいプロフィールもどうぞ♪

私の実体験が
誰かのお役に立てますように☆

資格:車の免許、ヘルパー2級(どちらもほぼ使っていない)
体力:人並かそれ以下
学歴:短大卒
正社員として働いた経験なし

ちなみに私のスペックは上記の通り、超平凡などこにでもいる主婦です。

こんな私でも3年以上ダブルワークをしてきました。

何か力になれたらうれしいのでぜひ読んでみてください♪

クリックできるもくじ

主婦のダブルワークはどんなパートを選ぶべき?

主婦のダブルワークで仕事を選ぶときに重視したいポイントはこの4点です。

①自分の体力に見合っているか

②常に思考をフル回転状態にならないか

③通勤時間が長すぎないか

④働きやすい時間帯(勤務時間がかぶらないか)

そのほかにも人間関係が良好、働いて楽しいかなど、どこの職場でもあてはまることは今回は割愛!

そもそも主婦のダブルワークはとても体力を消耗するので、体の疲れが少ない仕事がおすすめです。

とはいえ思考をフル回転させる仕事ばかりでずっと頭を使うのも結構大変。

仕事も大事だけど、自分や家族の生活は大事!

そのために体も頭もバランスよく使って、最低限の労力で働きたい…!

また、通勤時間が長いのは時間のロスになるのでおすすめできません。

睡眠時間や片方の出勤時間などを考え、働くのに心身の無理が少ない時間帯を選びましょう。

時給が高ければ仕事をする時間を減らせる分忙しい主婦にぴったりです。

以上を踏まえた上で、具体的にどんな仕事がダブルワークにおすすめか紹介していきます。

経験者が語る!主婦のダブルワークにおすすめのパート7例

すべて私が経験してきた仕事の口コミです。

会社によって違っていたり、主観も入っていますが雰囲気だけでも伝われば…と思い書きました。

①コールセンター

体を使う度頭を使う度時給ダブルワークおすすめ度
コールセンター★☆☆★★☆ ★☆☆

時給が高いのがうれしいところ。

覚えることがたくさんで頭を使うけれど、座り仕事なので体力がない人でも働きやすい。

受信:お客様からかかってきた電話のやり取り・問い合わせや購入など。
発信:お客様に電話をかける・セールス、アンケート調査

未経験の方には発信よりも受信がおすすめです。

受信はクレーム対応もありますが、セールストークが必要な発信よりも難易度が低めなので働きやすいと思います。

部署によってですが、強め口調のクレームを受けることも

しっかりサポートしてくれる会社を選びましょう

クレーム対応も最初は滅入っていましたが、上司の話術を学んだり、お客様の本音を引き出す技術を学べました。

電話口だから大きな態度をする人もたくさんいますが、慣れるとこんな人もいるよな~と聞き流せるようになるので良い意味で図太くなります。笑

電話対応が苦手でも数をこなせば慣れるし、身についたスキルは退職後も活用できるので役立ちますよ~。

コールセンターはこんな人におすすめ
  • 効率よくお金を稼ぎたい人
  • 人と話すのが好きな人
  • 団体よりも個人プレーが得意な人
  • 在宅で働きたい人

実は!コールセンターは在宅でも働くことができます

コールシェアは在宅ワークの中では平均時給1,400円と高め、6人に1人が月収10万円を超えています。

自由なタイミングで働けて、出勤時間の短縮にもなるからダブルワークをしたい主婦にはぴったりです。

未経験、スキル・資格がなくてもできて、登録・初期費用は無料

適性があるかはやってみないとわからないので、一度試してみては?

\スマホでOK!家で!スキマ時間に稼げる/

好きな時間に好きなだけ働ける!在宅コールセンターの「コールシェア」

②工場

体を使う度頭を使う度時給ダブルワークおすすめ度
工場★★★★☆☆ ★☆☆


パートの人数が多く、休みがとりやすいのが良いところ。

郊外にあることが多いため車通勤必須な場合も。(自社で通勤の送迎バスがある場合ことも)

仕事内容によっては、体力系の重労働、暑い・寒い、単純作業が多く飽きやすい。

以前、食肉工場で働いていたときは重い肉の塊を運んだりさばいたり、おかげで毎日筋肉痛でした

日々の成果のたまもので、へなちょこの体に筋肉がついて少したくましくなった気がします。

工場にはこわいお局様がいるイメージでしたが、過去3度働きましたがかなり職場によると思います!

むしろ主婦の割合が高いので友達ができたり、きつい仕事を一緒に頑張るので団結力が半端ない場合も。

年齢層も幅広く、いろいろな世代の人と話せる機会があるのが良かったです。

工場の仕事を探すなら工場の求人に特化した工場ワークス

【工場ワークス】なら見つかる♪あなたにピッタリのお仕事!
工場勤務はこんな人におすすめ
  • 同じ作業の繰り返しが苦ではない人
  • 体力に自信がある人
  • 体を使う仕事が好きな人

③自治体職員

体を使う度頭を使う度時給ダブルワークおすすめ度
自治体職員★☆☆★★☆ ★★☆

狭き門ではありますが、休暇や給料の待遇は比較的良く安定感があります。

私のように特別な資格などがなくても採用される部署もたくさんあるので、迷っている人はぜひ応募を。

年度初めからの勤務が多いので、年末の広報などで募集をしています。

行政の制度や仕組みを学びながら、専門分野での知識が身に付きます。

どこの部署も基本的に忙しいときとひまなときの差が大きく、短発のパートとして年度内に募集がある場合もあります(選挙やイベントなど)

一度参加して、なかなか人員が集まらなければ次回も声がかかり、長期のパートに採用という流れもあるようです。

私の現職です。
資格もスキルもない主婦ですが、知識だけを武器に5年以上働いています。

子供が小さい頃は看護休暇がしっかりあったため減給にならず、とても助かりました
自治体によってはボーナスがもらえることもあります♪

自治体職員はこんな人におすすめ
  • 真面目で正義感が強い人
  • 専門分野の勉強が苦にならない人
  • 小さな子供を持つ人
  • 長期だけでなく短期間のパートも探している人

④ライター

体を使う度頭を使う度時給ダブルワークおすすめ度
ライター★☆☆★★★ ★☆☆


ライターはパソコンがあれば場所も時間も選ばず仕事ができます。

時給換算では外にパートに出る方が稼げるものの、スキルを磨き、文字単価が上がれば家にいながらパート以上に稼げる可能性があります。

月にいくらもらえるかは自分の働き次第ですが、最初は全然稼げないし、時給に換算すると数十円なんてことはザラです。

毎月確実に手元にお金がほしい人はパートに出た方が良いと思います。

私はブログを書く前に、いくつかのクラウドソーシングに登録してライターとして仕事を受注していました
結局ブログと両立できずに今はやっていません…

ライターは最初こそ大変で未経験なので右も左もわからない状態で、文章は下手だし、構成もできず案件を獲得できない日々…。

独学でやるのにとても苦労しました。

ライターは初心者でもチャレンジしやすい仕事だと思いますが、大きく稼ぎたい人はスクールに入るのがおすすめです。
スクールなら文章の書き方や案件の取り方などの指導を受けながら、最短速度で実力をつけていくことができます。

独学でできないこともないですが、単価によってはフィードバックがほぼなく成長速度が遅いです。

働きながらでも学びやすく女性におすすめなのがSHElikes。オンラインでいつでも好きな時間に学習できます。

\無料体験レッスンを受けるとお得な特典も/

女性による女性のためのクリエイティブスクール【SHElikes】

ほかにもWEBデザイナーやマーケティング、動画編集などいろいろなコースがあるので手に職・スキルを身に着けたい主婦は一度参加してみて損はないと思いますよ~

SHElikesってどんなスクール?Webデザイン、マーケティングなど27種類以上学び放題でコスパ◎

ライターはこんな人におすすめ
  • 時間や場所に縛られず働きたい人
  • チャレンジ精神旺盛な人
  • 在宅で働きたい人
  • 今すぐじゃなくてもいいのでスキルを磨き自分の力で働きたい人

⑤パチンコ店

体を使う度頭を使う度時給ダブルワークおすすめ度
パチンコ店★★☆★☆☆ ★★☆


時給が高いので、パチンコ店以外にも副業として働いていた人がちらほら。

自身もギャンブルをやっていたり、喫煙者が多い、長続きしない人が多く、私が働いていた約2年弱でも月1~2人は入ったり辞めたりしていました。

向き不向きがはっきりしている仕事です。

日中の主婦パートが多く、私の会社もわりと若いママさんたちであふれていました。

今は機械で出玉を管理している店がほとんどなので昔より体力勝負な仕事ではありません。

イベントの訴求、メンバーズカードの入会案内、常連さんの名前を覚えて談笑するなどコミュニケーション能力が必要です。

平日の昼間のお客様はおじいちゃんおばあちゃんばかりだったので、ニコニコ笑って愛想をふりまいてました。

私の会社は制服がミニスカートで足の太さが気になり
恥ずかしかったです…

冷え性なので冬は寒かった~!

店内は暖かいのですが、清掃や広告設置などで外に出たり、基本的に立ちっぱなしで体力勝負です。

月に何度かあるイベントの日は店内を汗だくになるくらい動き回り、いつも疲れ果てて帰宅していました。

パチンコ店はこんな人におすすめ
  • 体力に自信がある人
  • 煙草の匂いが気にならない人
  • 接客業が好きな人

⑥ファミレス

体を使う度頭を使う度時給ダブルワークおすすめ度
ファミレス★★☆★☆☆ ★☆☆


閉店まで働くと帰宅が深夜になるので、日中も働くなら夕方~10時くらいまでの時間帯だと無理なく続けられると思います。

キッチンに立つかホールに出るかで仕事内容が全然違いますが、忙しいとめっちゃ体力勝負です。

私はどちらも経験しましたが、それぞれこんな特徴があります。

キッチン=体力勝負
ホール=マルチタスク
  • コンロやオーブン、食洗器などがあるのでとにかく熱い
  • 調理時の匂い・油汚れ、汗などで体がべたべたになる
  • 団体客が来ると大パニック(ランチやディナーのピークタイムは戦争のよう)
  • 重い鍋を運んだり、熱い中動き回るので体力がある人におすすめ
  • オーダーやレジなど重要な仕事を任される
  • お客様案内・見回り・配膳・レジ・雑用・お客様からの呼び出しなどすべて同時進行
  • どうすればうまくホールが回るか常に考えて動く
  • 接客が好きな人におすすめ

飲食店で働くよいところは、お店によってまかないがあること♪

外食以外で誰かが作った料理を食べる機会って主婦にはあまりないからうれしい、そして食費が浮く♪

⑦コンビニエンスストア

体を使う度頭を使う度時給ダブルワークおすすめ度
コンビニ★☆☆★☆☆ ★☆☆


24時間営業の強み、働く時間帯が幅広く選べるのでダブルワーク向きです。

早朝からの仕事は求人数自体あまり多くないので、朝が得意な人にはもってこいの仕事です。

家族の寝てる間にサクッと働いて、起きるころに帰宅して家族を送り出せばあとは自分の自由時間をゲットできるかも。

仕事内容自体はマニュアル化されていて、覚えるまでは大変ですがそこまで難易度は高くないと思います。

接客、レジ、商品陳列や発注、宅配便の管理、清掃など、決められた時間にやることが結構あります。

お客様がいない間にどんどんこなしていかないと時間が足りなくなる~

私がパートのダブルワークの組み合わせを考えるときに注意したこと

職場によって就業規則が違うのですがどの職場で働くにしても大丈夫なように、私は次の内容を注意していました。

  • 身だしなみ…清潔感のある服装、派手や露出は控える
  • 髪色…明るすぎない、個性的なものは避ける
  • ダブルワークをしていることを会社に伝える…あとあと何かあったら嫌なので正直にお話ししました
  • やる気…自分がやりたい!と思ったパートを選ぶようにしました。やりたくなければ長続きしないと思うので。

主婦のダブルワークでおすすめのパートの組み合わせ

①体を使う仕事×頭を使う

体を使う仕事?頭を使う仕事?

体と頭のどちらかだけに偏らないようにすると両方の仕事の良さからダブルワークを継続しやすいです。

例えば、片方は立ち仕事だけどもう片方は座り仕事にする、単純作業の繰り返しと臨機応変に動く仕事、対機械と対人の仕事、など仕事をバランスよく選びましょう。

もちろん、体力には自信があるけれど頭を使う仕事は苦手という場合は体を使う仕事メインに働くのもありです。

でも長期的にダブルワークを続けるのなら、無理のない程度の仕事を選ぶのがおすすめです。

②働く時間帯がかぶらない

働く時間帯かぶらないように

働く時間帯は基本固定にしてどんなシフトでもかぶらない組み合わせを選ぶのがおすすめです。

Aの仕事で今週の土日は丸1日働けるけど、来週の土日は夜しか働けない、でもBの仕事は朝から大丈夫のような変則的なシフトだと把握するのがとても大変。

片方の仕事は早朝でもう片方は夕方のみとか、片方は平日でもう片方は土日のみにするなどの工夫でシフトがかぶる心配がなくなります。

自分や家族の予定も組むとスケジュール管理が鬼のように大変なので、なるべく簡単なシフトになるように調整していきましょう。

あっちゃいけないのですが、疲れてくるとカレンダー読み間違えたり、予定ごとすっかり忘れたりはあるのです…!
いつも私はギリギリで生きてます

最初は不安定で時給も低い(0に近いこともあり)ですがパート1つと在宅ワークなら時間調整がしやすいので、どの仕事と組み合わせても比較的融通が利く一面があります。

③通勤時間が短い

ダブルワークをすると毎日忙しいです。主婦ならなおさら忙しい。

通勤時間が長ければ長いほど時間をロスしてしまうので家から近場で働きましょう。

ダブルワークをしていたときは、疲れてくたくただから一刻も早く家に帰って休みたい!と思っていました。

通勤時間は睡眠時間や自由時間にも左右するので、ぜひ家から近い職場を!

\仕事探しでお祝い金がもらえるお得な求人サイトはこちら/

避けたいダブルワークの組み合わせ例

①体を使う仕事×2のダブルワーク

よっぽど体力に自信がある人以外はしない方がいいです。

無理がたたると体調を崩しかねません。

主婦には日常生活プラス家事・育児などもあるので、余力を残した状態でダブルワークをするのが良いですね。

②頭を使う仕事×2のダブルワーク

頭ばかりを使う仕事はかなり疲れる上に、覚えるのに一苦労。

体を使う仕事とは別の疲れ方ですが、頭がさえてすんなり眠れなかったり、思考が止まらないので要注意です。

③夜×早朝の組み合わせ

生活リズムや環境によりますが、主婦にはおすすめしません。

特に小さな子供のいる家庭では継続自体が難しいです。

週に何度か夜に働くのでも生活リズムの乱れは体への負担が大きいです。

④シフトがかぶる可能性がある組み合わせ

シフトがかぶると両方の職場に迷惑がかかってしまいます。

シフトがかぶらない仕事、難しければ残業がなく定時に上がれる仕事を選ぶのが無難です

面接時には残業なしと言われても、実際はサービス残業が当たり前なんてこともあるのでこればっかりは働いてみないとわからない現実もある…

もし可能ならダブルワークをしている事情を話し定時上がりを相談してみましょう

主婦のダブルワークの具体例とパートを組み合わせるコツ

主婦のダブルワークを選ぶときにチェックしたいポイントはこちらです。

①自分の体力に見合っているか

②常に思考をフル回転状態にならないか

③通勤時間が長すぎないか

④働きやすい時間帯(勤務時間がかぶらないか)

パートを掛け持ちするときに、筆者がおすすめしたい組み合わせ例は以下です。

  1. 体を使う仕事×頭を使う仕事
  2. 働く時間帯がかぶらない仕事
  3. 通勤時間が短い仕事

仕事選びはダブルワークを続けるのに重要なポイントのひとつ!

とはいえ、何が自分に向いているかはやってみないとわからないこともあるので気になる仕事はどんどんチャレンジしてみましょう♪

関連記事はこちら 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできるもくじ
閉じる