Webで働く・副業したい人におすすめ満足度98%の無料カウンセリング体験談

主婦のダブルワークはやっぱり大変?働く前に考えるのがおすすめ7つのポイント

考えないと後で大変!今すぐ知りたい7つのポイント

主婦がダブルワークをするなら働く前に考えておくことはある?

ダブルワークで働きすぎると夫の扶養から抜けてしまう?

育児と家事と仕事の両立は大変?

ダブルワーク未経験の主婦はダブルワークするのが不安だったり、疑問点がたくさんあると思います。

ダブルワークをすると、収入アップを見込める一方、労働時間が長く拘束されたり、働き方によっては手取りが減ることも。

この記事では実際にダブルワーク経験が3年以上の筆者が、主婦がダブルワークで困らないための7つのおすすめポイントを紹介します。

筆者・ちゃまの紹介
  • 30代主婦
  • ダブルワークを3年以上、パート・アルバイトの経験は13年で10カ所以上の職場を経験
  • 夫、中学生1人、小学生1人、私の4人暮らし
  • 現在は扶養外パートで働いているが、在宅で働くのが夢

よかったら詳しいプロフィールもどうぞ♪

私の実体験が
誰かのお役に立てますように☆

ダブルワークを3年以上経験した私が大事だと思うのは、ブレない自分の軸を作ること。

  • そもそも何のためにダブルワークをするのか
  • 自分はいくらの収入を稼ぎたいか
  • 自分の心と体の許容範囲をしっかり把握する

ダブルワークは大変なことも多いけど、自分の軸があれば続けられるはず!

備えあれば憂いなし!

ダブルワークの現実を知ることで、自分の希望にあった働き方を考えてみましょう♪

クリックできるもくじ

主婦のダブルワークは大変?働く前に7つのポイントを考えておこう

主婦がダブルワークをする前に考えておきたいのはこの7つのポイントです。

この記事はまとめ記事なので、それぞれのテーマごとに別記事に詳細を載せています。

気になる詳細記事があったらどんどん読んでくれると嬉しいです。

ダブルワークする前に考えたい生活面と金銭面の問題

生活面で考えておきたいこと

主婦のダブルワークする前と後で生活面は大きく変わります。

どんなことが大変かというと色々ありますが、大きなものはこの3つの問題。

・睡眠不足
・自由時間が減ることのストレス
・体の疲労

ダブルワークは2つの仕事をかけもちするので、どうして労働時間が長くなりがち。

労働時間が長くなる=自分の時間が減り、疲労も1つの仕事の時よりも増えます。

また、労働時間が長くなっても、掃除や洗濯などの家事が減るわけではありません。

そんなぁ~。
子どもがいる家庭では子どものお世話をしながらのパート勤めだけでも大変なのに、これ以上どうすれば…

それだけではなく、少ない自分の時間の中で最も削られがちなのが睡眠時間です。

仕事・家事・育児の繰り返しに疲れて、寝なきゃいけないのについスマホをいじったり、趣味に没頭したりしてしまうことはあるあるです。

主婦のダブルワークには家族の協力があってこそ成り立つもの。

仕事において体は資本。

ダブルワークも然り、体を壊しては元も子もありません。

主婦の収入アップは家計の収入アップになるので、夫のみならず子どもも協力をしてダブルワークする妻を支えてもらいましょう。

頼れるものは何でも頼る!がモットーです。

とはいえ、ダブルワークのメリットもたくさんありますので、のちほど紹介しますね。

関連記事主婦のダブルワークはしんどい!辛さを乗り切るためのコツを伝授

金銭面で考えておきたいこと

主婦のダブルワークの金銭面での問題は、収入が増えた分、無駄遣いも多くなる可能性があることです。

家計管理を計画的にできる人には心配ないかもしれません。

ですが、収入がアップした分をどのように使うかを考えておらず、お給料が入ったらつい使ってしまうタイプの人は要注意です。

ダブルワークをする前に考えておきたいのが、年収がいくらほしいのかダブルワークで増えた収入の使い道

2つのパートを掛け持ちしてるんだからこれくらいいいか、というごほうびは自分のモチベーションを上げる良い方法です。

しかし、せっかくの収入アップがごほうびだらけになってしまわぬよう、家計の見直しや管理はしっかりと行うのが良いと思います。

ダブルワークしていることでつい気が大きくなりがち!

私もごほうびと言って予算オーバーしがちなので気を付けたいポイントです

お給料が入ったら、家族や両親などにお土産を買うなどのフォローをするとお互い気持ちよく生活できます。

計算が大変・主婦がダブルワークするときの扶養問題

主婦のダブルワークで、多くの人が一番気になるのは扶養の問題だと思います。

パートで働く妻の扶養をどうするかで手取りが減ってしまうこともあります。

収入をアップを見込んでダブルワークをする主婦には避けられない問題です。

えっ!せっかく働いたのに手取りが減る?!
どうして?


実は扶養には2種類あります。

1つは、税金の扶養、もう1つは社会保険の扶養です。

税金の扶養

税金の扶養には4つの壁があります。

  • 住民税のボーダーの100万円の壁
  • 所得税のボーダーの103万円の壁
  • 配偶者特別控除のボーダーである150万円の壁201万円の壁

社会保険の扶養

社会保険の扶養には2つの壁があります。

  • 一部企業で妻がパート先の社会保険に加入する106万円の壁
  • 妻が夫の会社の社会保険の扶養から外れる130万円の壁

夫の会社の扶養手当

夫の会社から家族手当をもらっている場合、妻の年収によっては家族手当をもらえなくなる可能性があります。

夫が扶養手当をもらえる妻の年収の上限は、夫の会社が独自に決めています。

これらの扶養は、どこかが扶養を外れたからもう片方も外れるというように連動するものではありません。  

税金を払いたくない、夫の社会保険の扶養のままでいたいなど働き方次第で家計に入る金額が変わります。

事前に情報収集をして損をしないように考えておくのがおすすめ。

税金の扶養、社会保険の扶養の2つを一緒のものとして考えると混乱しやすいので、それぞれ別物として考えるのが問題解決のカギになります。

パート主婦はいくらまで働くのがお得?

関連記事

働き損ゾーンを避けたいパート主婦必見!知って損なし収入の壁

働き方に迷うパート主婦の悩みをすっきり解決!損しない年収早見表2021

ダブルワーク主婦必見の税金対策

関連記事 
ダブルワークのパート主婦・年末調整のやり方は?確定申告も必要になる?

住民税を安くしたいなら子供を妻の扶養に変更しよう!還付金がもらえるかも♪

大変だけど良い経験になる主婦のダブルワークのメリット

ダブルワークの大きなメリットといえばやっぱり、収入が上がること!!

他にもさまざまなメリットがあります。例えば……

  • 家事の協力を通して家族の絆が強くなる(家族の家事スキルも向上)
  • 時間帯によっては高い時給で働ける
  • 1つの職場だけに勤めるよりも飽きずに働ける
  • 交友関係が広がる
  • 自分の経験値がアップ

私の場合は
『レンタカー受付+飲食店ホール』
『工場+ファミレス』
など全く違う業種で働くことで、飽きずに続けられました。

ダブルワークのメリットをもっと知りたい人はこちらをどうぞ

関連記事 パートを掛け持ちするメリット12選!ダブルワーク検討中の主婦におすすめ!

こんなところが大変だった!ダブルワークのデメリット

一方、主婦のダブルワークのデメリットとして大きなものはこちらの5つです。

  • 自分の時間が減り、睡眠不足になりがち
  • 疲労がたまりやすい
  • スケジュール管理が大変
  • そもそも出勤回数が少ないので仕事を覚えるのが大変
  • 稼ぐ金額によっては手取りが低くなる可能性がある
  • 会社に黙ってダブルワークする人はバレないか常にドキドキ
  • 週に数回しか出勤しないレアキャラの場合パート仲間と仲良くなりにくい

主婦の仕事ってやろうと思えばキリがない。

特に完璧主義の人は、仕事と家事や育児の両立ですっごく忙しく働きどおしになってしまうかも

ダブルワークのデメリットをもっと知りたい人はこちらをどうぞ

関連記事 子持ちパート主婦が経験をもとに解説・ダブルワークのデメリット9選

主婦のダブルワークするときの職場の選び方

ダブルワークをする前に、今勤めている会社がダブルワークOKなのか、就業規則を確認しましょう。

もしダブルワークを認めない会社なら?

完璧にではないですが、バレずにダブルワークをする方法を書いた記事もどうぞご覧ください♪

関連記事 バレると危険なダブルワーク!パートでダブルワークするときの安全策

ダブルワークは時間が長いメインと短いサブのパートで働く人が多いです。(時間もお給料も同じくらいの人もいますが)

メインとサブのパートを選ぶときにはこの4つのポイントを重要視するのがおすすめです。

  • 時間帯を考える
  • 移動時間を考える
  • 仕事を覚えることを考える
  • 上司へのシフト調整の言いやすさ

まず1つめのパートで仕事をある程度覚えてから、2つめのパート探しを始めましょう。

メインとサブの2つのパートに同時に始めて進行しようとすると?

慣れないダブルワーク生活や人間関係
それぞれの仕事を覚えなければいけないプレッシャー
などで押しつぶされそうになる人も…

関連記事 主婦のダブルワークにおすすめの仕事7選と組み合わせのコツ・体験談紹介あり

ダブルワークはいくらまで働くかにもよりますが、そもそも入るシフトが少ないです。

でも他の人と同じように仕事は覚えなければならないし、いつまでも新人扱いはしてくれません。

短期集中で仕事をしっかり覚える必要があります。

私はメインのパートで慣れてから、2つめのパートで働きました。

それでも新しいことを覚えるのはとても大変でした。

サブの仕事内容を覚えようとすると、メインのほうがあやふやになる…。

始めた当初は頭の中がごちゃごちゃでした。

こういった背景があるので、まずは1つめ、慣れたら2つめのパートというように順を追って働くのがおすすめです。

1つめのパートから探すという人は、2つめのパートの時間を視野に入れて選びましょう。

また、働く時間も大切ですが、意外と大事なのはパート先への移動距離です。

ダブルワークにおいて、移動が長いのはすごくデメリットになります。

移動時間=やりたいことができる時間ではないので、そもそもダブルワークで時間のない主婦には長い移動時間は無駄になりがちです。

関連記事 祝い金がもらえる求人サイト5選!せっかくならお得にパートを探そう

主婦がダブルワークを始めるまでの道のり

面接に合格して、晴れてダブルワーク開始!とすんなりいけばいいのですが、なかなか厳しいのが現状。

  • ダブルワークはただでさえ大変なのに主婦だということ
  • 子どもがいる主婦はパートを休みがち
  • 主婦は夫の収入があるので休んでも生活に困らない
  • 仕事の内容を覚えるまでが大変なのに、忙しい主婦ができるのか

会社側にそんなふうに思われることも多いのか、面接を受けても雇ってくれないこともあります。

普通にパートの面接を受けても落ちることもあるのに、「ダブルワーク」という言葉を言うともっと狭き門になるかも…

そんな狭き門のダブルワークに就労するまでの履歴書の書き方や、応募する際の面接、服装、志望動機などは後日記事にしていきますね!

外に働きに出るのもいいけど、在宅で働くという手も♪
在宅ワークで役に立つWebスクールでおすすめなのは女性専用キャリアスクールのSHElikes

SHElikesは評判よし◎未経験でもやりたい!をかなえるキャリアスクール
SHElikes入会相談会レポ・無料体験レッスンが自信を持つきっかけになる

主婦のダブルワークは大変!事前の情報収集で疑問をすっきり解決

主婦がダブルワークをする前に考えておきたいことをまとめました。

  1. 生活面と金銭面はどう変化するか
  2. 税金の扶養
  3. 社会保険の扶養
  4. 主婦のダブルワークのメリット
  5. 主婦のダブルワークのデメリット
  6. 主婦のダブルワークの職場を選ぶときのポイント
  7. 主婦がダブルワークを始めるまでの道のり

個人的に1番重要なのは、税金の扶養と社会保険の扶養かなと思います。(家計に直結する問題なので)

ダブルワークをするときの生活がイメージできれば、悩みも解決しやすくなります。

もし、ダブルワークが気になる、これからしようと思っている主婦は実践あるのみ!

失敗しても後悔はしないように、自分がしたい働き方を一緒に考えていきましょう

せっかくパートを探すなら求人サイトを利用してお祝い金をゲット♪

マッハバイトのお祝い金は5,000円~・利用料金はもちろん無料

採用されたら最短で翌日、最大1万円のお祝い金がもらえるスピーディーな対応!

パートの準備に予想外のお金がかかっても、すぐもらえるお祝い金で解決♪

アルバイト情報なら“マッハバイト”

アルバイトEXのお祝い金は3万円~・利用料金はもちろん無料

応募日から6か月後に申請し、振込まで2か月かかるもののほかの求人サイトより格段にお祝い金が大きいのがうれしい!

面接の交通費やパートに必要なものを購入する準備金にもあててもいいし、もちろん自分へのご褒美、家族だんらんに使ってもOK

お祝い金は3万円!抽選で最大10万円のチャンス

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 就職バイトブログへ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできるもくじ
閉じる